あさイチで紹介!ビールをおいしく飲むための技・注ぎ方

2017年5月16日放送、NHK「あさイチ」で、ビールをおいしく飲むための技が紹介されていました。
紹介していただいたのは、ビール注ぎの達人・福島茶坊主さん。
番組で紹介されたビールをおいしく飲むためのポイント・注ぎ方をまとめてみたので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク




【ビールをおいしく飲むための技】
●最高に美味しくビールが飲める注ぎ方
①グラスの状態が味に影響
・グラス専用のスポンジを使う
⇒ビールの泡は油分に弱い。グラスに油汚れが残ると、ビールの炭酸が抜けてコクがダウンする。
・グラスは自然乾燥する
⇒炭酸は異物があると、そこからどんどん気泡が抜けていき、コクがないビールになる。
布で拭く等異物が残る拭き方をすると、そこから炭酸の気泡が抜けてしまう。

②缶の中からグラスへそのままビールを移すような形で注ぐ
⇒グラスに泡が立たないように注ぐことで炭酸が抜けにくくなる

●もうひとつ!ビールが美味しく飲める究極の注ぎ方
①グラスのにおいを嗅いで、においが付いていたら水でグラスをすすぐ
⇒見えないほこりやにおいが取れる

②缶ビールを開けたらちょっとテーブルに置く
⇒開けた瞬間、ビール缶内の気圧が炭酸で変わる
⇒ビールが落ち着き、炭酸が抜けにくくなる

③缶の中からグラスへそのままビールを移すような形で注ぐ
⇒グラスに泡が立たないように注ぐことで炭酸が抜けにくくなる

●ビールを美味しく飲むための保存法
①ビールは一晩冷蔵庫で寝かせる
⇒ビールを開けた瞬間に炭酸が抜けてしまう
⇒ビールは振動に弱いため、その間に炭酸が膨張する

②冷蔵庫のポケットには置かない
⇒冷蔵庫の開け閉めがあって、どうしても揺れてしまうので、冷蔵庫の中にちゃんと置く

③冷蔵庫の中でビール缶を横向きにして置かない
⇒横向きに置くとどうしても転がって揺れてしまうので、冷蔵庫の中で立てて置く

④ビールには賞味期限があるので早めに飲む

スポンサードリンク


この記事へのコメント